ビジネス・実用書レビュー
『嫌われる勇気』〜自己啓発の源流「アドラー」の教え〜前編

補助金リーチ.comのビジネス・実用書レビューは1冊の本の書評を前編・後編2回に分け、毎月第2・第4月曜日(祝祭日の場合は翌日)にお届けいたします。
第1回は、Amazonをはじめとするビジネス・実用書の歴代ランキングで必ずランクインしている、ダイヤモンド社 岸見一郎・古賀史健著『嫌われる勇気』を取り上げます。

目次

アドラー心理学の真髄

この本は2013年に第1版が出て以来「嫌われる」と「勇気」という言葉の組み合わせのインパクトとともに、対話型小説という読みやすいスタイルも手伝って、実にたくさんの読者の心を掴んできました。
昨年2017年にはフジテレビで同名のドラマも作られ、内容に対する日本アドラー学会の抗議があったことも手伝って、発行から4年で再びマスメディアに取り上げられ、今でも記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

この時ドラマへの日本アドラー学会からの抗議に焦点に当たったのはアドラー心理学における真髄ともいえる「嫌われる勇気を持って自己主張をする」ことと「共同体感覚を持って生きる」という考え方の表現についてでした。
それらが正しく視聴者に伝わらないのではないかと懸念してしまう表現内容だったようです。

企業組織を経営している方々には、事業を興すということ自体が「嫌われる勇気を持って自己主張をする」ことと「共同体感覚を持って生きる」こと抜きにできないことですので、そんなことを説いて回る必要はないとは思いますが、改めて社会集団と個人という関係について、このアドラーの「共同体感覚」という切り口から「事業を世に送り出すということ」を考察してみたいと思います。

主体であるということ

「嫌われる」ことの「勇気」が必要なのは、主体として「自由に生きる」ということを徹底してアドラーが勧めているからです。

この物語中の青年は自由に生きることに対して恐れや不安を感じています。それは時に自己犠牲的に従順であることをよしとしたり、他者を振り回す悪として自由を謳歌する他者を断罪するという形で青年の言葉に現れます。彼は自由を秩序を乱す悪と捉えているのが特徴的です。
一方で、哲人はむしろ自由でいる(=主体的でいる)ことは共同体にとっても個人にとっても良いのだと説いています。

では、主体的でいるということはどういうことなのでしょうか?

主体的であるとは、

  • 選択の自由を自覚的に行使する存在であること
  • 選択の結果を自覚的に引き受ける存在であること
  • 他者に対しても同様に選択の自由と責任があると認めている存在であること
  • 思い込みと事実が区別できること
  • 絶対評価と相対評価の使い分けができる存在であること
  • 社会を一方的な力関係の集団ではなく、平等な仲間集団であると捉えられていること

であると私は定義することが可能だと考えています。




次回へつづく…

次回1月28日の内容

  • 嫌われるという言葉が表すもの
  • 人間とは個であり集団の構成員である
  • ビジネスを世に送り出すとは

ライター:鶴見紀子(True Color Create / WE GiRLs CAN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です