ビジネス・実用書レビュー
D・カーネギー『人を動かす』 コンプライアンスの手前で〜前編

補助金リーチ.comのビジネス・実用書レビューは1冊の本の書評を前編・後編2回に分け、毎月第2・第4月曜日(祝祭日の場合は翌日)にお届けいたします。
2冊目となる今回は、「日本で500万部突破の歴史的ベストセラー」と帯にある創元社 D・カーネギーの『人を動かす』を取り上げます。思いがけず熱くなって長くなってしまったので、今回は3回に分けて前編・中編・後編となります。

目次

原題から消えてしまった大切なこと

前回の『嫌われる勇気』でも書いたのですが、本を作る編集者は作者の意図を汲みつつ、潜在的読者にインパクトを与えつつ中身を想像して読んでもらうために、タイトルを少し「大げさ」にしたり「挑発的」にしたりすることがあります。
原題は“How to win Friends and influence people”で、直訳すると「いかにして友人を得て人々に影響を与えるか」というものです。
『人を動かす』というタイトルは人を操る術を書いた本のようなインパクトを与えますが、読んでみると当たり前で忘れがちな社会人としての在り方を、例を示しながら説いた本であり、むしろ心を込めて人と対することを説いていることに気が付きます。

キリスト教会を中心としたコミュニティ社会

作者カーネギーは米国人です。米国は1776年に独立した建国以来250年にも満たない国ですが、1492年にコロンブスが米大陸にたどり着いて以来、キリスト教会を中心としたコミュニティを構築しながら西部開拓を進めた歴史があります。
現代でも食事の前と就寝の前に祈りをささげ、週に1度教会に通う米国人は多いのです。
開拓時代の映画やドラマを見ていると、当時の人々が教会を中心に村や町を作り、日曜日に教会でメンバーの安否を確認し、情報交換をし、困っている人には知恵や手を貸すなど、教会が宗教的な儀式を執り行う以上の、コミュニティースペースとしての機能も果たしていた様子が伝わります。
また、荒野を回って商人が日用品を売って歩くために、無法者が銃を持って強盗しながら各地を逃げ回るような土地柄、教会へ顔を出して村や小さな町の人々と共に祈ることは必要なファクターであったのかもしれません。
米国人の善意にはこのようなキリスト教の助け合いの精神がベースにあるイメージがあります。カーネギーが本書で例として出すエピソードにもそういった背景を感じ取れるものがあります。

日本人のための意訳の必要性

宗教・倫理・道徳・規範の違い

一方、日本人は違う宗教に基づく倫理観を持っています。私たちが意識することなく持っている「お天道様」や「八百万の神々」のような土着信仰と言われるようなものと神社神道、さらに仏教的な倫理観が入り交ざったものであるといえるでしょう。
キリスト教の神は天罰を下しますが、お天道様は悪行をする人間に天罰ではなく「恥」を与えます。
こういった宗教観や道徳・倫理といったものが社会の規範に与えている影響を考えると、欧米の思想をそのまま伝えることは不可能だと思われます。

社会構造の違い

そして、そこに立脚する社会構造の違いも大きく影響しているといえると思います。
気が付いたら何千年も前からそこに先祖代々暮らしているために、窮屈さと引き換えに慣れ親しんだ慣習を大切にする社会と、自分も含めてゼロの場所に様々な価値観を持った人が集まって新しいルールを作っていく社会には構造的な違いがあるといってよいと思います。言い換えると、人間関係の構築のしかたが違うといってよいのかもしれません。
しかし、この宗教・道徳や社会構造の違いというものを超えて「人類」というくくりの中で普遍である「大切なもの」は変わらないからこそ、洋の東西を超えてこの本や日本でもベストセラーになり、カーネギー亡き後の時代も超えて改訂されながら版を重ねて読まれていくのでしょう。
その「大切なもの」を伝えるために、多少の意訳が必要ではあるものの、便利なものや良いものは意訳がなくとも悪用できてしまうという危険性をはらんでいるものではないでしょうか。

中編では、便利なものの持つ危険性について切り込んで考えてみたいと思います。


ライター:鶴見紀子(True Color Create / WE GiRLs CAN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です