ビジネス・実用書レビュー
リンダ・グラットン/アンドリュー・スコット『ライフ・シフト 100年時代の人生戦略』日本文化におけるご隠居さんという存在〜前編

補助金・助成金の強い味方、補助金リーチ.comのビジネス・実用書レビューは1冊の本の書評を前編・後編2回に分け、毎月第2・第4月曜日(祝祭日の場合は翌日)にお届けいたします。
3冊目は世界中のどこよりも日本人が「人生100年」にリアリティを感じているためか、2016年の日本語版発売以来売れまくっているリンダ・グラットンとアンドリュー・スコットによる『ライフ・シフト』東洋経済新報社を取り上げます。

ライフシフト

目次

引退とご隠居さんと老後

「ご隠居さん」という人物像をご存知でしょうか。
テレビでおなじみの「水戸黄門」の水戸光圀公もご隠居さまと呼ばれています。
落語を聞いていてもご隠居さんというキャラクターが出てくることがあります。
昔は今のように制度としての定年退職もなく、経済的な余裕がある人だけが自分でリタイア(隠居)して、経済活動を若い者に任せて第一線を退き日がなのんびり過ごすといった形だったようです。昭和の時代においても隠居という行為には残りの人生を悠々自適と暮らすという憧れがあったようです。
その憧れはバブル崩壊と共に崩れ去り、退職後は楽しみにするものではなく心配するものとなって久しくなりました。
話を落語に戻しますと、この憧れのご隠居さんは若い者にうんちくを垂れるキャラクターとして登場します。職人であるおっちょこちょいの八っつぁんと乱暴者の熊さんはわからないことがあるとご隠居さんのところへ聞きに行くというおなじみの展開があるのです。
水戸黄門も実際にも中納言の座を退いて隠居しており、テレビ版では仮の姿としても越後のちりめん問屋の主人を隠居しています。旅を重ねながら人を諭して回ることになります。
うんちくを垂れたり人を諭したりしながら働かずに毎日を過ごす、つまり人々が自分の知識をまだ必要としているような、社会に必要とされつつ責任のある仕事を必死にこなさなくて良いという理想だったのかもしれません。
しかし、そういった隠居生活の理想も様変わりしてきました。サラリーマンを定年退職した昭和の企業戦士たちになんとなくご隠居さんたちとは違った「居場所のなさ」を感じるのは筆者だけでしょうか。定年退職後は会社の同僚との交流は耐え、特に趣味がなければ家でテレビを観て過ごすステレオタイプではありますが。「ぬれ落ち葉」「熟年離婚」といった言葉もそれを助長してしまったのかもしれません。
隠居から定年や老後という言葉へと変化し、そこには憧れに不安が混じります。

日本以外での評価

この本、実は日英米の中では断トツで売れているようです。これを書いている今現在ペーパーバック版のランクはAmazon USでは27,663位、Amazon UKで2,577位です。
日本のアマゾンでは206位です。
長寿国と言われて久しい日本は今後も平均寿命が延びて海外より100歳を超えて生きる可能性が高いことと無関係ではないでしょう。
しかし、なぜ海外では日本で売れているほど売れていないのでしょうか?
海外の人たちに人生100年の実感がないわけではありません。例えば平均寿命ではなくジェロントロジー・リサーチ・グループの歴代最高齢のリストを見ると、アメリカ人が実に多くランクインしています。115歳を超えた人は47人中19人がアメリカ人です。同じリストの中にいる日本人は10人でアメリカ人の半分。平均寿命は日本が1位を長く保っていますが、意外なことに115歳を超えて生きた人の数ではアメリカに及ばないのです。
ではアメリカと日本でいったい何が違うのでしょうか?
これは「将来への不安」と関係があると筆者はみています。将来への不安と切り離せないのが保険という商品ですので、その数字を見てみましょう。日本の保険加入率は88.7%です。アメリカの生命保険加入率は出所が確定できないのですが、80%あるいは60%としているものもあります。生命保険の発祥の地であるイギリスでは生命保険の加入率はたったの38%(英保険会社ドリューベリー2015年調査、出典ZUU online 2016)です。保険の額は欧米の方が高いので金額ではアメリカが断トツではありますが、加入率が高いということはアメリカ人より日本人の方が多く保険をかけているということになります。
日本人は漠然とした将来に対する不安をどうにかしたいと思う傾向が強いのかもしれません。
そして、この本の著者は不安をどうにかするための指針を与えてくれているからこそ、日本でのベストセラーにつながったと考えてよいでしょう。

どんな指針を与えてくれているのかについては、次回に続きます。


ライター:鶴見紀子(True Color Create / WE GiRLs CAN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です