書評

ビジネス・実用書レビュー
枝廣淳子『人生のピークを90代にもっていく!』 社会と個人が変え合う未来 〜後編

補助金・助成金の強い味方、補助金リーチ.comのビジネス・実用書レビューは1冊の本の書評を前編・後編2回に分け、毎月第2・第4月曜日(祝祭日の場合は翌日)にお届けいたします。
前回の100年人生に向けて人生の方向性のシフトが必要と説いた本『ライフ・シフト』の流れを受けて、枝廣淳子著の『人生のピークを90代にもっていく!』を取り上げます。副題は「折り返し地点から「死ぬまでハッピーな人生」をつくる」。幸せ経済社会研究所の所長であり、環境省、内閣官房、経済産業省などの審議会や研究会にかかわって社会と個人の問題を考え続けている著者からはどんな提言があるのでしょう。

人生のピークを90代にもっていく

目次

新しい時代の社会と仕事

心理学を修めた著者の枝廣さんは心理学的見地からも色々なモノの見方を示してくれています。
幸せには「欲しいものを手に入れる」ことで得られる満足という幸せと、「何もなくても満ち足りていると感じる」ことで気がつく満足という幸せ、という2種類があるとしています。
これは戦後のモノがない時代に「足りないモノ」を得るということに向けて、消費社会を駆け抜けることで獲得してきた幸せが、足りないモノがない時代になりどのように幸せになってよいのかわからず、とうとう「余ったモノ」を「断捨離」するほどになった現代に必要な変革ではないでしょうか。
もしも、欲しいものを手に入れることだけが幸せと考えていれば、今のような時代には幸せになるのは程遠くなりますよね。
そこで、もっと本質的に人間にとっての幸せとは何なのか、考え方を変える必要があるのではないかと著者は言っています。

メンタルモデル

ひとつはメンタルモデルと言われるものを考えてみることです。他に老いに関するビジョンについて考えることや時間の分配方法についてなども提案されていますが、メンタルモデルを知ることは変化を自分の内部で起こすため、一番手っ取り早い方法でもあります。
著者が言うとおり、メンタルモデルや思い込みといったものに自分が縛られていないか考えてみることはとても役に立ちます。私たちは観念や概念というものを使って事柄を編集し、物事の理解を高速化しているのだそうです。これがうまく働いているときはいいのですが、これに捉われすぎると固執となり、思い込みに苦しめられることになります。
「この人はこういう人だ」というメンタルモデルを例に説明します。「この人はこれを差し上げるといつも喜んでらっしゃるから、毎回これを差し上げて喜んでいただこう」と考えているとします。ところが、相手の方もこちらを「あの人はいつもこれを嬉しそうに持ってきてくれるから、もうたくさんあって困っているけれど、仕方ないので喜んで受け取って差し上げよう」と思っていれば、お互いのメンタルモデルのためにどちらも本当の喜びを感じることなくすれ違っていることになります。
このようにメンタルモデルは「今ここ」にある事実から私たちを遠ざけてしまうことがあります。

新しい幸せ

私たちの人生が100年の長きにわたって続くようになってきたことで、それに合わせてライフプランや心構えを変えたり、社会制度や家族の形を変えたりすることは自然なことです。
今の自分やこの先の自分にとって、「幸せ」ということがどんなことを指すのか、いろんな観点からじっくり考えてみる必要があるのかもしれません。
自分を幸せにできるのは自分しかいません。幸せという言葉を共有できても、自分が幸せかどうかを他人に感じてもらうことができないからです。
幸せという言葉を定義することと、幸せだと感じることは別のことであり、幸せという言葉を使っても、「私にとっての幸せ」と「あなたにとっての幸せ」が違うからです。
更に時代の変化に合わせた幸せの発見の必要も出てくることでしょう。前回書評を書いた『ライフ・シフト』でも予見されていたように、AIとロボットが単純労働をしてくれる時代になれば、幸せを労働から得ることも労働に対する対価をもらって幸せを感じる機会も減るでしょう。
まるで社会から突き付けられたように感じる変化ですが、実際には私たち自身が100年の寿命を持つことで社会を変えているのかもしれません。その大きな変化を前に、社会の一員として自己の在り方を改めて自分に問うことと同時に、どんな社会にしていきたいのかをも問われているのではないでしょうか。

この大きな変化を前に、私たちは内面では古い思い込みや慣習やメンタルモデルなどから自由になって各自が自分らしさを発揮し、外面である社会の中に経済的な豊かさだけでない豊かさを見出し、仕事や役割、価値などを創造していくことで新しい時代の「新しい幸せ」を感じることができるのかもしれません。

補助金 リーチ.comの運営会社である(株)Ideal Worksでは、仕事や価値を創造する企業の経営者の方々が、100年先の未来の社会に向かってワクワクする事業や働き方を提案し、形にしていくお手伝いをしています。簡単3ステップで条件に合った 補助金 が探せる補助金 検索アプリ「補助金 リーチ」の開発運営をはじめ、申請支援なども行っていますので、お気軽にまずは無料相談でお問合せください!


ライター:鶴見紀子(True Color Create / WE GiRLs CAN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です