書評

ビジネス・実用書レビュー
ケリー・マクゴニガル『スタンフォードの自分を変える教室』 あなたは変えられているのか変えているのか 〜後編

補助金・助成金の強い味方、補助金リーチ.comのビジネス・実用書レビューは1冊の本の書評を前編・後編2回に分け、毎月第2・第4月曜日(祝祭日の場合は翌日)にお届けいたします。
今回は2012年10月に日本語版が出版され、2013年に日販/トーハン調べのビジネス部門で年間ベストセラー第1位を取った『スタンフォードの自分を変える教室』の書評の後編です。

自分を 変 える教室

目次

コントロールとマネージ

変化のための小さな決断と行動の繰り返しが続かない理由は、マクゴニガル先生が丁寧に説明してくださっているので、そちらで読んでいただくとして、マクゴニガル先生の本を読んでいて気になった「自己コントロール」という繰り返し出される言葉を分析してみたいと思います。
なぜ気になったかというと、わたしは偉人伝が子供の頃から大好きで読んできたのですが、何かを変えることができる人には同じ傾向があると感じており、この「コントロール」という言葉から受ける印象が実は変化を起こすのが苦手な人には苦手な言葉ではないかと感じたからです。

最初に言葉の定義をしてみましょう。
まず「コントロール」と似た「マネージ」を使って差を演出したいと思います。このふたつの言葉をこの場だけ以下のように定義してみます。

コントロール=制する
マネージ=律する

このコントロールとマネージという言葉にどんな違いを持たせたかというと、前者には他人によって、環境によって、自分によって、過去によって、時代よって、コントロールされるという主体である自分は受け身であることを強調し、後者には変化を起こす主体としての自分をあくまでも能動的にとらえるということを強調したいのです。
禁止は自由意志を奪うものです。そして、禁止されていると思えば思うほど欲望が強くなります。リアクタンスが起きているというわけです。
たとえ自分に禁止しているのが自分自身であっても、はやり反発心理が働くのでしょう。

一方で、目的に向かって自分を変えるということが上手にできる人は、禁止されている側に自分を置きません。短期的にどんな結果を得ても、実際に変化を起こすまでの間は、変化を起こす主体としての自分でいるということなのだと思われます。

選択と行動

最後に、ビジネス書の書評として書いているので、ビジネスにつなげてみたいと思います。
コントロール(制する)より、マネージ(律する)方が部下も案件もいい感じに動きます。

今や経営の基本となったマネジメント法PDCAサイクルなどをはじめ、マネージのハウツーものは山ほどあります。マクゴニガル先生の授業に来た人たちもそういったものを試しても自分を変えることができなかった人たちだったとあります。

アニル・セスという神経科学者によると、感情的なインプットによって起きる「動機付け」や「目的」が効果的な意思決定のために不可欠であると言っています。
私たちは何かを変えようとするとき、都度選択を迫られ、その選択は怒りや喜びといった感情が引き起こした「変わりたい」という意思といかにして変わるかという思考のコラボにより行われ、行動として現れ、現実として立ち現れます。
「変わったらいいな」と主体である自分自身が消極的で受け身であれば、変化の選択をしないため、慣性の法則に従い、変化は起きません。

会社の経営もマネジメントといいます。
経営がうまくいかないとき、現状を打破するために何をしますか? それは時代のせいですか? 環境のせいですか? 社員のせいですか? 自分のふがいなさのせいですか?
時代や環境に振り回されるのではなく、それらを上手に使って「主体的」に変化を作っていくのは個人も企業も同じなのかもしれません。

補助金リーチ.comの運営会社である(株)Ideal Worksでは、企業の経営者の方々が、新しい価値を創造したい、変化を起こしたいという思いでワクワクする事業や働き方を提案し、形にしていくお手伝いをしています。簡単3ステップで条件に合った補助金が探せる補助金検索アプリ「補助金リーチ」の開発運営をはじめ、申請支援なども行っていますので、お気軽にまずは無料相談でお問合せください!


ライター:鶴見紀子(True Color Create / WE GiRLs CAN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です